資産運用の始め方(1) / その前に…

汝自分を知れ。

アポロン神殿の柱に刻まれた教訓
柳沼重剛 編『ギリシア・ローマ名言集』岩波文庫

その資産運用必要ですか?

いきなり申し訳ありません。
このサイトを辿り着いたと言うことは、少なからず資産運用に興味があると思いますが、
そもそも資産運用、必要でしょうか。

保険を見直しに、保険屋さんに行けば、何かしらの保険を勧められると思います。
車が必要だと思って、ディーラーに行けば、お買い得な自動車を見つけられるかもしれません。
住宅展示場に行けば、あなたにぴったりのマイホームプランを建ててくれるでしょう。

でも、本当に必要でしょうか。

あなたのことを考えて
「お客さん、買う必要ありませんよ。別のことにお金使った方がいいですよ」
と言ってくれる営業さんは、良い人ですけれども、良い営業ではないでしょう。

なぜ資産運用を始めるのですか?
お金を殖やして、お金持ちになりたい?
この低金利のなか、銀行に預けるのがもったいない?

確かにお金はあるにこしたことはありませんが、
「何のために」「いつまでに」「いくら貯めるか」の目標をたてましょう。

投資はリスクがあります。
一時的に資産がマイナスになることもあります。
気になって仕事に手が付かなくなっては元も子もありません。

資産運用が人生の第一目標では無いはずですから。
何のために資産運用(=お金が必要か)を考えてみましょう。

「いつまでに」「いくら貯めるか」が決まり、
「いまの余裕資金、毎年の積立額」から
必要なリターン、それに応じたリスクが計算できます。
そのリスクが受け入れられるか。
※リスク計算については後日、別ページで。

資産運用をしないことはお勧めしません。
実体験として、お金のあるところにお金は集まります。

しかし、明確な意思を持って、ペイオフ上限の1,000万円まで各銀行口座に置いておくのであれば、
それは立派な資産運用だと思います。

ペイオフとは

破たんした金融機関に口座を持つ預金者一人につき1,000万円までの元本と利息は保証する制度

(人生の)目標はなんですか?

私は、「働くことに疲れたので」「セミリタイアする」です。

「なぜ働くか」をなぜなぜ分析してしまいました。
(人生のなぜなぜ分析を必須にしたら社員の一割くらい退社しそうな)

計算上は10年後に6,000万円でリタイア可能です。
※これも後日、詳細書きます。

さらに、セミリタイアしてどうするの? ってことも考えないとですね。

無理・無茶・無駄をするな!!

またまた申し訳ないのですが、
ある程度まとまったお金か、月々貯金できますでしょうか。

できてないという方、大変申し訳ございません。
自己紹介にも書きましたが、私、もともと節約家でして
月々の収支はプラスです。

0を1にする方法は残念ながら、私は知りません。

私の殖やし方が、コツコツとインデックスの積み立てですので
毎月積み立てできるお金がないと、あまり参考にならないかもしれません。
投機はめっぽう下手です(好きなんですけど)。

収入を殖やす方法として転職の経験談はそのうち書きたいですね。
実践している節約術もカテゴリ作って、紹介予定です。

無理なく、積み立てて
無茶のない、リスクとリターンで
無駄のない、生活を目指しましょう。

まずは家計の把握から

では、毎月積み立てするお金をどうやって捻出しましょう。
セミリタイアを目指すなら、毎月の生活費はいくらですか。

老後の必要額が○千万円って、記事を見かけますが、人それぞれですよね。
家族がいれば、それぞれのライフイベントも計算に入れないといけませんし。

ま、私は独身なのでこの点、計算は簡単なんですけどね…。
ざっくりと

(現在の資産)+(毎年の積立額)×{N(リタイア年齢)ー現在年齢}
 >
{90(歳まで生きるとして)-N(リタイア年齢)}×毎月の生活費×12

を満たせば
おめでとうございます!! アーリーリタイアです!!
※年金等もあるので、本当に目安ですね

家計簿…の必要は無いと思いますが、毎月の収入支出を記録して、
毎月いくら積み立てに回せるかを把握しましょう。

支出を把握することで、自然と節約できるようになる…かも。

私の方法は、
「大半の支出をクレジットカードにする」です。
スーパーの数百円の支払いもクレジットカードですし、
高還元率のカードを使っています。

現金無くてもなんとかなるモノです。
飲み会のワリカンのときぐらいですかね、現金使うのは。

そうすると、クレジットの明細&銀行通帳が家計簿代わりになります。
1,000円単位でも十分なので、週末か、月末にExcelでちょちょっとメモして
収支を把握しています。

それも無理って方は、通帳残高で確認しましょう。
まずは月次の収支をプラスにすることです。

まとめ
  • 何のために資産運用するか考えよう
  • 積立が資産運用の王道
  • 家計の見直しで、積立額の増額を検討
  • 2019年4月4日投資のヒント, 資産運用を始めよう

    Posted by totsuoitsu