年次報告:2009

人力とは忍耐と時間の合成物である。

バルザック『ウジェニー・グランデ』岩波書店

2009年の年次報告です。 2019年ではありません。
2008年はリーマンショックで、100年に一度と言われる大打撃でしたが…

2008年9月に米国で発生したリーマン・ショックの後、世界規模で拡大した金融危機により、世界経済は近年で最も深刻な景気後退に陥った。その後、2009年を底に急速に回復へと向かったものの、リーマン・ショックの発生からわずか1年余りの2009年10月にギリシャ債務問題が顕在化し…

通商白書2014

はい…欧州債務危機に見舞われたのでした。
投資を始めてからの資産推移はプロフィールページをご覧ください。

attention!!

短期金融資産は証券口座の残高です。
生活資金は別に確保しています。投資は余裕資金で。

2009年資産推移

2009年資産推移

2009年末資産

2009年末資産計 6,326,953円  
元本 6,691,921円  
トータル損益(未決済含む) ▲364,968円  
(内訳)
短期金融資産 1,873,430円  
投資信託 3,293,044円  
株式 159,900円  

2009年追加投資

マネックス資産設計F育成型 360,000円  
朝日Nvestグローバル 120,000円  
欧州新成長国株式ファンド 120,000円  
STAM新興国株式インデックス 150,000円  
HSBCインドオープン 300,000円  
三井住友ニューチャイナファンド 150,000円  
(売却)
株式 あさひ100株@2,300
ソフトバンク100株@1,935
バリオセキュア1株@98,200
上場225 20株@10,090

実現取引

株式取引 195,544円  
FX ▲6,414円  

所感

通算ではまだまだマイナスですが、徐々に回復してきました。
長期保有を前提に、慌てて売らずに正解でした。

それにしても、新興国株式にちょっと偏り過ぎなような。
当時はまだ若かったので、多少のリスクも有り…かな。

いまだったら、特定の国、地域のテーマ投信は買わずに
STAM新興国株式インデックス一本にまとめてますね。

HSBCインドオープンは、購入手数料3%!! 信託報酬2%!!
いまでは即、投資対象外です。

株の損益通算

2008年まで3年連続、株の損失繰越をしてトータル▲606,321円。
2006年分の▲170,624円は2009年に利益を出さないと失効してしまいます。
+195,544円となんとか埋めることができました。

このときのソフトバンク(9984)を持ち続けていたら、
本日(2014年4月17日)終値 11,790円ですから…609%!!
長期保有、Buy and holdの強みですね。

もちろん、毎年確定申告は出していますよ。

ネットで確定申告を記入・印刷して、
税務署の夜間ポストに投函していました。

FX

FXは…ちょっと懲りた!!
向いていないことに、気付いたようです。

投資信託

マネックス資産設計F育成型、朝日Nvestグローバル、欧州新成長国株式ファンドを
黙々と毎月3万、1万、1万円積立。ルーチン化しています。

BRICsから目移りしたのか、インドと新興国株式インデック投資信託を合わせて45万円追加してます。
流行を追ってますね…。

2019年4月17日年次報告, 資産運用報告

Posted by totsuoitsu